株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

日本株と米国株でひと財産を築くまで Kensinhan がつぶやきます。仮想通貨は只管神頼み…。

日経平均は保ち合いに突入、7月は買い、8月は売りのオンパレードになりそう…

久々に書くワードです。懐かしのユーザーローカル(3984)は年初来高値を更新中です。売れば上がるの典型例です。今日は日経が下がる中、+260円、+7.38%上げての終値3,785円です。かつて1,000株保有していて、3月中旬には1,000円台になり悶絶していた銘柄です。5,000円を目指しそうな勢いです。我慢が足りなかったと反省しています。

昨日から注目している化粧品大手のコーセー(4922)は、コロナでインバウンド重要が見込めず、今日も順調に下げました。-200円、-1.64%下げて12,020円で終わっています。あともう一つの注目銘柄、青山商事(8219)は、もう何かのタガが完全に外れたみたいです。-23円、-3.65%と大きく落ちています。

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 注目銘柄はコーセーと青山商事

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 注目銘柄はコーセーと青山商事

特に、青山商事は、朝、売りで入り、引けで買い戻せば負けがない銘柄になっています。底値で買えればいいですが、まだ下がりそうな予感します。交差点ではるやま(7416)と対面で勝負しいるチャンピョン紳士服の量販店です。そうやすやすTHE ENDになることはないと思っています。読者の皆様、長い1週間、お疲れ様でした!

1週間が速過ぎると感じる今日この頃、含み損続きの投資生活にもそろそろ終止符を打ちたい…

コロナ禍による大暴落銘柄で2つ注目しています。一つは、東証1、化粧品大手ののコーセー(4922)です。今日も560円(4.38%)下げてかなりやばい水準です。今日の終値は12,220円ですが、1年前は2万円を超えていた銘柄です。

あともう一つは、まさにローリングストーン、転がる石の如くです。こちらも東証1銘柄で、紳士服業界首位の青山商事(8219)です。これはもう、かなりやばい水準です。

今日も31円(4.68%)も下がり、もはや危険水域で、レナウンの破綻が蘇ります。今日の終値は631円ですが、1年前は2,000円を超えており、3年前は4,000円を超えていました。

先ずは、この2銘柄のどちらかで浮上の波に乗りたいと検討中です。

株価変動、上がれば「期待感」、下がれば「懸念」と、いつも後付侯爵…

今日の日経平均も終わってみれば地味な動きで、昨日の大幅高となった反動で4日ぶりに反落となったという一言で終わっています。いつもの後付侯爵ですが、今日の日経平均は結局99円安の22,614円で取引を終えています。

デイトレーダーは、昨日の400円以上上げている最中に利益確定もしていることでしょう。ただ、今日は下げましたが、まだ25日移動平均線(22,489円)を上回って推移しており、上昇トレンドを維持しているといえます。

明日以降、日経平均が上昇トレンドを継続できるかがポイントとなりますが、まずは保有する3銘柄(ソースネクスト、NTTドコモ、パーク24)で上昇トレンドに乗ることを期待するばかりです。

為替がこの時間、ドル円は107.70と上昇局面にあり、株価の下支えになっています。株価は下がると思えば、上がるし、上がると思えば下がる、まさに思い通りにならぬ生き物です。

最近は、積極的にIPOを申込んでいますが、これも「落選」ばかりです。ただ、応募しなければ「当選」しないので、ひたすらIPOの申し込みを継続するしかありません。そろそろA級のIPO当選を期待したいところです。

宝くじは、もういくら買っても当たらないと悟りを開き、2年前から一切買っていません。宝くじは買えば当たる当たらないは別にして、9割はもう戻らない支出になりますが、IPOの申し込みは外れてもお金は一切取られません。あきらめずIPOにはチャレンジし続けたいと思います。ネバーギブアップ…

全て結果論!株式市場が上がるか下がるか誰も分からない、勝てば官軍…

週明け月曜日の日経平均は中国株の大幅高や米株価指数先物が時間外で大きく上昇したことを受けて大幅続伸となりました。その結果、25日移動平均線(22,477円)を上回り節目の22,500円も大きく超え、+407円も上げて22,714円でクローズしました。

日経平均は下値サポートとして意識されていた25日移動平均線を先週の月曜日に割り込んでから上値が重く、下を警戒するアナリストの声が高くなっていましたが、終わってみれば真逆の方向です。アナリストほど後付け侯爵の上手な職種の方はいないでしょう。

今日は保有銘柄の日本株3銘柄は全て白星となりました。ソースネクストも維持を見せ大きく上がり、NTTドコモも2,900円台を回復し、パーク24も再び押し目を作り上昇しそうな足型です。今日1日で約+18,000円の上昇劇となりました。当面、小銭投資でいきたいと思います。

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 今日の日本株は絶好調…

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 今日の日本株は絶好調…

こうなると、注目は今日の米国市場ですが、流れが再び変わるかもしれません。明日以降の展開に期待が膨らみます。今晩の米国では6月の米ISM非製造業景況感指数の発表が予定されています。

毎日最大10名に1,000円相当のビットコインが当たる!本当にゼロリスクで仮想通貨(暗号資産)がもらえるチャンス…

bitFlyerから、仮想通貨(暗号資産)投資株式投資の違いとは?~株式投資と比較した仮想通貨(暗号資産)投資のメリットとリスク~と題したブログが更新されています。

日本の仮想通貨取引所で最大手が、こうしたブログを出してきたということは、自信の現れでしょう。2020年は仮想通貨元年と言われた2017年の年末を超える大相場になるのかもしれません。そうなってほしいです。

内容としては、株式投資の口座数が2019年末時点で国内に約2,400万の証券口座が存在しているのに対し、仮想通貨投資の口座数は同年比較で約200万口座とまだまだこれからであるとの説明が冒頭にあります。

仮想通貨(暗号資産)のリスクらしいリスクは特段の記載がありません。事実その通りだと思います。東証1のレナウンもつい先日破綻したばかりです。かつてはあこがれのブランド(銘柄)が紙くずになったばかりです。投資という視点では、最大のリスク量は同じです。

しいて言えば、仮想通貨(暗号資産)には、正確な財務分析や投資対象の分析手法が業界全体で確立していないことです。株式であれば、 PER (株価収益率)や PBR (株価純資産倍率)などで、割安か割高等の判断が定量的に分析でき、投資判断の参考にすることが出来ますが、ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号資産)においては、そのような分析手法が確立していないという内容ですが、株式投資に於いても、PERやPBRは、何の役にも立たないというのは、投資をしている人なら誰もが知る事実でしょう。少し、言い過ぎでしょうか…。

そのほか、仮想通貨(暗号資産)では、投資家向けの資料などが公表されていない点が挙げられます。株式であれば、毎四半期に決算を発表することが義務付けられていますが、ビットコインをはじめとした仮想通貨(暗号資産)では、そもそも企業が運営していない場合も多く、このような資料が定期的に公表される仕組みは存在しませんという分かり切った説明です。リスクというよりは、それが仮想通貨(暗号資産)なので、むしろ特徴だと思います。

あと、仮想通貨(暗号資産)は、ボラティリティが大きい点を指摘していますが、株式市場でもマザーズ銘柄などは仮想通貨以上に激しく乱高下しているように思います。いずれにしても株式投資も仮想通貨(暗号資産)投資も余裕資金ですることを忘れてはなりません。所謂、遊び、ゲーム感覚ですることが重要だと思います。間違っても、生活費、命金でやらないことです。身の破滅が大きく口を開け待っています。

一方、仮想通貨のメリットについては、これからの将来性について色々記載されていましたが、これも、株式でいう目論見書に似ており、結果は神のみぞ知る領域です。

さて、業界最大手のbitFlyerから「毎日最大10名に1,000円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始のお知らせが発表されました。

2020年7月1日(水)からの実施で、暗号資産(仮想通貨)の取引経験がある方が対象となり、スマホアプリ「bitFlyer ウォレット」からログインするだけでプログラムに参加したことにんまります。しかも毎日開催するようなので、毎日が無料で貰える宝くじみたいなものです。外れても損失はないので、毎日、ログインしたいと思います。

まとめるとこんな感じです。↓↓

毎日最大10名に1,000円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム

■キャンペーン概要
暗号資産(仮想通貨)の取引経験があり、スマホアプリbitFlyer ウォレット」からログインされた方を対象に、毎日抽選で最大10名に1,000円相当、最大3,000名に5円相当のビットコインをプレゼントします。

■キャンペーン期間
2020年7月1日(水)~ 終了日未定

■キャンペーン参加条件
以下の条件を満たせば、自動的にキャンペーンが適用されます。

bitFlyerにてキャンペーン期間に関わらず、暗号資産(仮想通貨)の取引経験がある個人(法人は対象外)

■プレゼント内容
上記のキャンペーン参加条件を満たした方の中から抽選で下記のプレゼントが当たります。

【A 賞】毎日抽選で最大10名に1,000円相当のビットコイン

【B 賞】毎日抽選で最大3,000名に5円相当のビットコイン

これこそ「果報は寝て待て」、ゼロリスクで仮想通貨がもらえるチャンスです。無料でできる努力は惜しまず実行したいと思います。

国内最大級のbitFlyer(ビットフライヤー:関東財務局長 第00003号)は、世界最高水準のセキュリティを提供する安心・安全の仮想通貨取引所です。ハッキング被害は過去一度もありません。

bitFlyer

仮想通貨(暗号資産)取引は、現物取引なら株式と同様、最大リスクは投資額です。商品先物の様に追証が発生したり、マイナス価格になるといった予期せぬリスクはありません。