株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

日本株と米国株でひと財産を築くまで Kensinhan がつぶやきます。仮想通貨は只管神頼み…。

ロックダウンで2番底に向かうか…:2020年3月 損益状況(特定口座分)

4/1、今日の日経平均株価は大幅に3日続落し、前日比851円(4.50%)安の1万8,065円で取引を終えました。新型コロナウイルスの感染拡大により経済活動の停滞が長期化するとの警戒感が強まるなか、NYダウ先物も大幅安となり、後場に海外投資家による売りが強まりました。日経平均の下げ幅は一時1,000円を超え、節目の1万8,000円を下回る場面がありました。

3月の中旬以降は反発局面を迎えていましたが、早くも息切れです。首都閉鎖、東京のロックダウンを想定してか、海外勢の売り仕掛けが活発化してきたように思います。

さて、2020年3月の損益状況(特定口座分)を下記の通りリアルに公開します。

■2020年3月:特定口座分の確定損益株式投資編

 ±0円 (確定せず:狼狽売りよる損切はしません)

■2020年3月:特定口座分の評価損益株式投資編

 ▲-1,330,139円 の含み損です(前月から↘約2倍の含み損

特定口座分の月次損益状況です↓

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 評価損益(3月度)

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 評価損益(3月度)

含み損は、2月末から約70万円増え、133万円の含み損となりましたが、一時(3月中旬)は、含み損が220万円を超えていましたので、それからするとかなり戻しています。反発局面の調整局面ととらえています。あと怖いのは、首都封鎖のロックダウンで、その他、名古屋、大阪等、主要都市でもロックダウンになれば、もう終わりそうな相場状況です。ロックダウンはなんとしも避けてもらいたいです。そのためには、感染者数の数を落とさないといけませんが、当面は、神頼みしかなさそうです。

個別銘柄の損益状況は下記の通りです↓

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 評価損益(個別銘柄3月度)

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 評価損益(個別銘柄3月度)

先程のニュースですが、新型コロナウイルスの感染者が増え、肺炎の治療向けの人工心肺装置(ECMO)の需要も高まる中、国内最大手のテルモが今後数カ月にわたり生産量を現在の倍以上に増やすといった記事が入ってきました。国内の医療機関に設置されているECMO装置は2月時点で約1,400台とみられ、政府はすでにECMOの増産に補助金を出すことを決めており、企業もフル操業で対応するとのことです。明日、テルモ【4543】はようやくプラテンになるかもしれません。

あとは、ユーザーローカル【3984】(1,000株保有:平均簿価3,365円(2019年11月に500株+2/27に300株買増+2/28に200株買増))がどうなるかで、私の含み損益の動向が決まります。明日以降も今週は期待できそうな地合いにはならないと思いますが、来週以降で上昇を期待します。