株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

日本株と米国株でひと財産を築くまで Kensinhan がつぶやきます。仮想通貨は只管神頼み…。

コロナ感染拡大で2番底に向かう株式市場、ロックダウンなら大暴落するも仮想通貨は…

今日の株式市場は昨日のNYダウが急落したことで4日続落となりました。一時は357円安の17,707円まで下落しましたが、やや持ち直し、一時は66円高まで上昇しましたが、買いが続かず、14時過ぎには再び316円安まで売られ、結局、日経平均株価の終値は246円安の17,818円となり、節目の18,000円を割り込んで取引を終えました。

今日は、ぱっとしない相場でしたが、コロナ感染が拡大する中ではよくもったほうだと思います。日銀トレードのお陰でしょう。

一方、新型コロナの世界的な感染拡大を受けて、3 月中旬には、ビットコインを含む仮想通貨市場も大幅に下落しました。新型コロナウイルスでは、株式市場と同様、仮想通貨市場も同じように大暴落となりました。

コロナ不況がリーマンショックと同様に、コロナ不況の長期化で債務危機が誘発され、リーマンショックのような事態になると予想する投資家もいます。リーマンショックでは44%下落しており、日経平均株価なら13,500円台になるかもしれないと強烈な見方をする人もいます。私は日本経済はそこまで破綻するとは思っていないので、下げても3月の1番底付近である16,000円水準ではサポートされるとみています。

仮想通貨市場も基本、株式市場に同調する動きになるとみています。昔の様に、リスク回避の仮想通貨買いにはならないとみています。そうしたことからも早くコロナ感染が収束することを祈るばかりです。

仮想通貨365日24時間止まることなく動いているので、株式市場が休場となる土日祭日などにも自由に取引できるメリットがあります。

株で稼ぐ以上に仮想通貨ではトレンドに乗れば稼ぐことができますが、仮想通貨のボラティリティーは高くリスク量は当然ながら株以上に高くなります。なので、レバレッジ取引では更なる注意が必要です。基本、レバ取は、投資の儲けは我慢料とはならないことが多く、経験則上お勧めはしません。現物株と同様、1倍取引がいいでしょう。

アルトコインを豊富に取扱うcoincheck(コインチェック)は、東証1のマネックスグループのグループ会社で、ユーザー数274万(2019年12月時点:国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1)、金融庁登録済仮想通貨交換業者です。取扱通貨は全て500円から購入可能で、スマホから最短10秒で簡単に購入可能です。

コインチェック

取扱い通貨は国内最大級の12種類↓
・ビットコイン(BTC)・リップル(XRP)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リスク(LISK)・ファクトム(FCT)・ライトコイン(LTC)・イーサリアムクラシック(ETC)・モナコイン(MONA)・ステラルーメン(XLM)・クアンタム(QTUM)

ファクトム(FCT)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)は国内の仮想通貨取引所唯一の取扱いです。