株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

日本株と米国株でひと財産を築くまで Kensinhan がつぶやきます。仮想通貨は只管神頼み…。

コロナ相場では、長期戦を覚悟、折れない心、余裕資金で投資、改めて思う今日この頃…

コロナ感染の拡大が止まりません。安倍政権から全世帯へマスク2枚配るというコロナ対策がでています。各自治体にしてほしい施策を政府がしています。ん~ん…、如何なものか…。ウイルスという目に見えない敵に対し、打つ手なしといった状況でしょうか。専門家からは、マスクは密集での飛沫感染は防げても、ウイルスそのものに対する予防効果はないといわれています。その一方で、マスクは不要と言ってた米国も、昨日、トランプ大統領がマスク着用を推奨しています。何もつけないよりはまし、精神的な御守みたいなものでしょうか…。

一方、足元のニュースでは、中小零細企業の倒産やリストラ、派遣切りといった後ろ向きな話題が増える一方で、政府は、コロナ被害で影響を受けた大企業に1,000億円程度の出資を検討しているというニュースも見ました。大企業ではなく中小零細企業の誤植ではないかと思い何度か他の記事でも確認しましたが、大企業が対象のようです。この内容には違和感があります。

首都東京がロックダウンする可能性もある中、南の国でも新型コロナ肺炎が異常に発生しており、今回のコロナ相場では、長期戦を覚悟しなければなりません。そうした意味でも、投資では折れない心を持つことが重要で、やけになって、狼狽売りや、売ったり買ったりの乱れ撃ちは自滅行為になりかねないことを認識すべきです。そして、何よりも大事なことは、こうした長期戦では余裕資金で投資をすることです。これは今に始まったことではありませんが、ハイレバ投資や借金しての投資、生活費での投資は短期戦では全否定しませんが、こうした底の見えない、先が見えない相場では禁じ手と断言できます。

私の投資保有銘柄苦戦を知られています。米国株のFISERV(ファイサーブ)では、安定したリターンを狙い昨年から保有していますが、コロナで想定外の暴落、含み損を抱えています。昨日時点ですが、▲277,000円の含み損です。トランプ大統領の経済施策は日本とは比較できない規模でしているので、日本よりは早く回復するとみていますが、日本以上に感染が拡大しており、先行き不透明です。

あと今回、はまりにはまっている私の含み損ですが、これまた昨年から保有している立会外分売で買ったユーザーローカル【3984】ですが、この暴落相場の早い段階で、感情的に300株、200株と買い増しして、今時点で自分で決めているMax1,000株に到達し、これ以上買えない状態です。現時点で、▲1,200,000円の含み損です。

平均単価は3,365円です。チャートを見ると3,500円までは上がりそうな足型ではありますが、まずは目先の上値抵抗帯である2,500円を抜けないと、これ以上の上はないと思うので、まだまだ、先の長い、長旅を想定しています。チャート分析では5,500円水準でダブルトップを付けた後、2,500円水準まで下げているので、業績が良ければ、少なくとも半値戻しの4,000円水準にはなると思います。問題はいつその時が来るか…。スプリング、ハズ、カム!もしかして、来春でしょうか(涙…。

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ ユーザーローカル【3984】

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ ユーザーローカル【3984】

だた、チャート下段の出来高を見ても分かるように、この大暴落相場でも出来高は少なく、この価格帯でポジションを持っていた人は少なかったと言えますので、もしかすると、上がるときもスピードが相当速いと予想、希望的観測含めて、そのように思っていますが、予想通り動かないのが相場です。

さて、週末のNYダウはそれほど落ちませんでした。この休日のコロナ感染拡大如何のニュース次第となりそうですが、来週からの東京市場も、当面は一進一退のだらだらした相場を試しながらの反発局面にあると思います。保有銘柄全体では、▲1,800,000円の含み損です。気長に勝負するしかありません。まだ損益が確定した訳ではありません。株数も変わっていません。先ずは、含み損が6桁になれば、精神的にもかなり安定してくるはずです。

私と同じ様に、多額の含み損を抱えている読者の皆様、決してゴールが近いとは言えませんが、諦めずにこのコロナ相場を乗り切りましょう。