株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

日本株と米国株でひと財産を築くまで Kensinhan がつぶやきます。仮想通貨は只管神頼み…。

マイナス40$の衝撃、今なおトラウマ…。WTI原油は底値ではないかも。足元では仮想通貨が上昇中…

世界的にコロナ禍が続いており、WTI原油はなお底値ではないかもしれません。世界の原油在庫が急速に積み上がっていることは承知の事実ですが、コロナ禍による経済の停滞で原油需要は更に急減しており、6月にもタンク容量の上限を超えかねない情勢になっているようです。WTI原油は史上初めてマイナス40$台まで落ち込んだ5月物に続いて6月物も大幅安となっています。

それにしても中国は怖いですね。新型コロナも中国の武漢で発生し、今なお世界中が大変なことになっていますが、今回の原油大暴落も中国が結果に対するきっかけを作ったかもしれないという噂がネット上にでています。何やら、ロールオーバーを間違えたとか…。

その結果、原油価格の急落で中国銀行の顧客に91.5億円の損失が発生したみたいです。えーっ、中国の投資家もそりゃー怒るでしょう。中国銀行の原油理財商品を購入した女性が、先日の5月限マイナス40ドルで追証8,000万円になったという記事がツイートされています。完全に腰が抜けてショックのあまり立てない状況になっています。中国語なので何を言っているのか分かりませんが、いくら泣きじゃくっても投資は自己責任ですから、受け入れるしかないでしょう。いずれにしても原油先物はヤバ過ぎです。

こんな怖い記事と映像が出回れば、原油先物は怖すぎてプロでも今後はやらなくなるのではないかと思います。そんな中、思案中なのが、ETFのWTI原油価格連動型上場投信(1671)ですが、順調に下がり、567円まで下がり、依然年初来安値を更新中です。まだポジション持っていません。400円台になれば買いを検討します。

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ WTI原油価格連動型上場投信(1671)

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ WTI原油価格連動型上場投信(1671)

ETFのWTI原油価格連動型上場投信(1671)なら、0円以下にはなりませんが、それでも紙切れになるのは嫌です。運用管理会社のシンプレクス・アセット・マネジメント株式会社破綻すれば、原油に値がついていても、WTI原油価格連動型上場投信(1671)は解散となり無価値になります。今は、それを心配しており、買うか躊躇しています。まあ~ただ、そうした噂も今はなく、それだけを運営管理している訳ではないので、その点は、まず心配ないとは思っています。

一方、足元では仮想通貨(特にイーサリアム)が全般に上昇中です。そういえば、毎年GWには上昇しているように思います。これも季節要因なのでしょうか。

保有中の仮想通貨(暗号資産/仮想通貨トークン)別の評価損益はこちら↓

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 仮想通貨

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 仮想通貨

この前、新規購入した仮想通貨ベーシックアテンショントークン(BAT)は低調です。今後、大きく上昇することを期待します。この時間、1BAT=約19円です。仮想通貨(暗号資産)取引は現物取引ならリスクは最大でも投資額です。先物のような怖さはありません。

さて、国内最大級仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00003号)のビットフライヤー(bitFlyer)は、国内で最も長く運営しており、安心・安全のセキュリティです。ハッキング被害は過去一度もありません。

人気の仮想通貨取引100円から始められ、土日祝日も24時間365日、いつでもどこでも取引できます。

bitFlyer

口座開設までは、「クイック本人確認」の利用なら、最短で即日の取引が開始できます!