株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

日本株と米国株でひと財産を築くまで Kensinhan がつぶやきます。仮想通貨は只管神頼み…。

仮想通貨BAT(バット: ベーシックアテンショントークン)上昇トレンドに突入…

仮想通貨/暗号資産BAT(バット)、正式呼称 ベーシックアテンショントークン(BAT:バット)が上昇トレンドに入っています。

以前に仮想通貨LSK(リスク)を買って、リスク(危機)しかなかったため(損切りし、大損しました)、BAT(バット)も名称からして、一抹の不安はありましたが、結果は良好です。

今日も他の仮想通貨が下げている中においても、BAT(バット)は順調に上げています。中長期の上昇気流に乗っていくことを期待します。仮想通貨がひとたび上がりだすと、この程度の緩やかな上げにはとどまりません。

私のBAT(バット)の保有状況は、1,130通貨保有し、平均取得簿価は22.19円/BATで、今時点のBAT価格は26.15円/BATです。約4円上げてきました。(2020/6/6 7:44時点 ↓ )。

仮想通貨のBAT(バット:ベーシックアテンショントークン)上昇中…

仮想通貨のBAT(バット:ベーシックアテンショントークン)上昇中…

ベーシックアテンショントークン(BAT:バット)は、2020年4月9日より、bitFlyerで取扱いを開始しています。ビットコインイーサリアムも取引所に上場した当時は、数円~数十円の時代が長らくありました。いきなり今の相場(価格)になった訳ではありません。

国内最大級のbitFlyer(ビットフライヤー:関東財務局長 第00003号)は、世界最高水準のセキュリティを提供する安心・安全の仮想通貨取引所です。ハッキング被害は過去一度もありません。人気の仮想通貨取引100円から、24時間365日いつでも出来ます。

bitFlyer

仮想通貨(暗号資産)取引は、一般的にボラティリティは高めですが、現物取引なら株式と同様、リスクは最大でも投資額です。暗号資産という目や耳から入ってくる怪しげなイメージとは違い、商品先物の様な追証が発生したり、マイナス価格になるといった恐ろしいリスクはありません。