株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

勝てば官軍!「株で稼ぐ投資ブログ」は七転八倒する投資生活の軌跡!

米国バブル NYダウ+829$上げて27,111$まで回復、FISERV(ファイサーブ)も上昇中…

 米国もコロナバブル真っ只中です。先週末の米雇用統計が想定よりも、本当はマシだった程度?、でも、ニュース記事では想定外の改善であったということで、大きな買いが殺到したとの後付けの報道のような気がします。

とても信じられないような相場展開ですが、これが事実です。まさに投資格言、相場のことは相場に聞けの世界です。ハイテク株主体のナスダック総合指数は一時、過去最高値を更新しています。えっ…、完全バブル突入です!

NYダウは+829$も上げ、27,111$まで回復しています。完全行き過ぎで、買われすぎだけに、今週は警戒感が必要ですが、それでも日米バブルは6月一杯は続くかもしれません。今のうちに含み損の解消、或いは、利益確定を狙えるチャンスとばかりに、新規購入者も増えてきそうです。

現在、私が保有する米国株FISERV(ファイサーブ)も上昇中です。ホルダーにとってはいいことですが、投資額118万円(取得時簿価114.52$×95株・為替109.27円)で、先週末終値が、109.55$×95株・為替109.64円なので、含み損は実質約▲5万円といったところまで回復していきました(↓:6/5終値)。

米国株のFISERV(ファイサーブ)も上昇中…

米国株のFISERV(ファイサーブ)も上昇中…

チャートを見ると、完全上昇トレンドに入っており、このままバブル相場が続けば、近いうちに含み益が出そうです。米国株FISERV(ファイサーブ)は、長いトレンドで見て右肩上がりなので、中長期の保有目的で買っていましたが、今がバブルなので、ある一定の含み益になれば、利益確定したいと思います。

下の損益状況は、外国株式の米国株2日遅れでのデータ更新になっているので、先週末の株価上昇分が計算されていない時点での評価損益となります。実質の含み損合計は、現時点で、日本株も含め、14万円以下となりました。(↓)。

米国株のFISERV(ファイサーブ)は順調に回復中…

米国株のFISERV(ファイサーブ)は順調に回復中…

こうしてみると、日本株のソースネクスト(4344)の低迷ぶりが浮き彫りとなります。日経平均が、22,863円まで回復しているというのに、ソースネクスト(4344)は完全蚊帳の外です。投資額が39万円なので、まだ2割も下落したままです。情けない水準です。

そして、6月に入り、5G狙いで新規に買ったNTTドコモ(9437)、これも低調です。買ったその日から下落続きです。下手な投資格言、買えば下がるが当てはまっています。2,800円台で買い増しを検討します。NTTドコモ(9437)は、コロナバブルには関係なく、いつかは上がるでしょう。

一方、足元では、再び、ビッグデータ分析データサイエンス等、東証Mも大きく回復し、AI関連が上昇中です。ALBERT:アルベルト(3906)テクノスデータサイエンス:TDSE(7046)に注目です。まさまだ伸びしろがありそうな銘柄です。第2次ITバブルに期待です。下がれば、押し目で検討したいです。

Copyright (C) 2020-2024 株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ. All rights reserved.