株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

勝てば官軍!「株で稼ぐ投資ブログ」は七転八倒する投資生活の軌跡!

凄まじい大暴落。中国銘柄 DIDI / ディディ・グローバルで洗礼を受ける…

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ  ☜ポチッと応援、お願いします!

オリンピック休場で東京市場は取引できず面白くないので、この1週間でオリンピック休場にならない米国株を漁っていたのですが、普段見ていない相場で取引をすることが、如何に無謀であるか、身に染みていやというほど分かりました。

米国株で保有していた1銘柄( INTZ / イントゥルージョン)を損切撤退した報告は昨日していますが、 わずか2日で撤退しました。9.07$で買ったものが、2日後には4.06$と2日で株価が半減しました。ストップ安のない米国市場の怖さを思い知らされました。チャート見て、ここが下げの終着点と思い投資したのですが、投資格言「もうは、まだまだ」ということを身をもって経験しました。

時を同じくして、米国市場で上場している中国銘柄 DIDI / ディディ・グローバルも買っていたのですが、買った日から連日下げており、昨晩は一気に一夜にして▲20.98%もの大暴落です。

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 中国銘柄 DIDI / ディディ・グローバル 大暴落

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 中国銘柄 DIDI / ディディ・グローバル 大暴落

このオリンピック休場の前に米国市場で4銘柄購入し、内2銘柄で爆死するほどの大暴落に見舞われ、なんともまあ、運のないことです。とりあえず、中国銘柄のDIDI / ディディ・グローバルはもう少しホールドしています。

DIDI / ディディ・グローバルは、中国の配車サービス企業で、モバイルアプリを介し、タクシーや自家用車の配車、ライドシェア、自動車シェアなどのオンデマンド自動車サービスを提供している会社で、今の時流に乗っていると銘柄と思いますが、以下の問題が材料視されているのだと思います。

DIDI / ディディ・グローバルは安全面のスキャンダルや多くの都市での営業許可未取得などの問題に見舞われており、中国サイバースペース管理局(CAC)がDIDI / ディディ・グローバルの新規株式公開(IPO)手続き中に顧客データ取り扱いについて調査に乗り出しているようです。

現在、中国国内のアプリストアにDIDI / ディディ・グローバルのアプリ削除を命令しているとのことで、先行きが不透明です。CACと交通運輸省、国家市場監督管理総局など少なくとも7省庁の合同チームがDIDI / ディディ・グローバルへの立ち入り調査を行うようです。

中国政府は巨大IT企業への締め付けを急激に強めています。BABA / アリババ・グループ・ホールディングへの対応も然りです。これまでは、こうした企業は、しばしば「お目こぼし」がある規制環境も利用しならが、高成長を達成してきたと言われていますが、今後のDIDI / ディディ・グローバルがどうなるかは不透明です。

こんな銘柄をよりによって持っているとは、残念でなりません。しかし、今の株価水準は、8.06$です。もうこれ以上は落ちるとしても、あと9$も下げることは絶対にありません。さあ、どうなるでしょうか。

さて、ニューヨークダウは絶好調です。昨晩、史上最高値を更新しています。現時点では、米国株は、中国銘柄の BABA / アリババ・グループ・ホールディングと DIDI / ディディ・グローバル、米国銘柄の T / AT&Tの3銘柄です。T / AT&Tは配当利回りが7.452%と高く誰もが知る企業なので、長期保有してみます。米国市場は史上最高値を更新していても、中国銘柄の BABA / アリババ・グループ・ホールディングは中国市場そのものが低迷しており、もしかすると低空飛行が長期化するかもしれません。

昨晩、BABA / アリババ・グループ・ホールディング▲3.55%の大暴落しています。これは、何かの暗示でしょうか、嵐の前の静けさというより、既に中国IT系銘柄は嵐になっているのでしょうか…。

Copyright (C) 2020 株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ. All rights reserved.