株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

勝てば官軍!「株で稼ぐ投資ブログ」は七転八倒する投資生活の軌跡!

SBI証券はVery Good!提携先の住信SBIネット銀行を名乗るフィッシング詐欺系メールにご注意を!今日はFRONTEO (2158)を利確して、優待券目当てでマクドナルド(2702)を仕込みました…

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ  ☜ポチッと応援、お願いします!

FRONTEO (2158)は足掛け3日持って、早速売りました。一昨日、現物を日中に100株だけ打診買いし、時間外でランサムウエアの件で大暴落したので、夜間のPTS取引1,210円の安値で拾い、その後、昨日はホールドし、購入日から翌々日の今日、早くの高値1,350円の高値で売却するという絵に描いたような勝ちパターン・攻略パターンを実践することができました。

ただ、儲けたとはいえ、200株なので、額は高々しれています。FRONTEO (2158)の平均取得金額は1,273円(200株)で売却価格が1,350円です。差益は1株当たりで77円取れ、200株なので、15,400円の確定利益です。税金は約20%の3,242円取られています。下図に手数料は1,126円とありますが、こちら仮に拘束されているだけで、アクティブプランなので、手数料は明日の朝、拘束金から外れ、手数料は無料になります↓

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ SBI証券

一方、今日はマクドナルド(2702)を6月末の優待券狙いで、昨年は制度信用のクロス売りをしましたが、逆日歩のリスクもあり、今年は、早めに買いを入れました。5,130円で指値を入れていれ、後場後半に刺さりました。↓

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ SBI証券

今日の終値で▲10円下がり、終値は5,120円となり、損益は▲1,000円の含み損ですが、マクドナルド(2702)は上げ下げの幅が少ないので、優待券が5,000円の価値があるので、50円マイナスまでであれば、最悪元がとれます。

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ SBI証券

マクドナルド(2702)の食事優待券は、300株買えば3冊、500株買えば5冊もらえます。

あと、全くの別件ですが、私がSBI証券にメイン口座を移し、ネット銀行は「住信SBIネット銀行」と口座連携をしていることを知って、怪しい詐欺師の方から、ご丁寧に下記のメールを今日頂戴しました。こちら、フィッシング詐欺の手口です。読者の皆様に注意喚起します

タイトル:[住信SBIネット銀行お客様の口座は悪用された可能性があります。

いつも住信SBIネット銀行をご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様のアカウントの保護を重視しております。ログイン方法は少し尋常ではないので、アカウントが住信SBIネット銀行の利用規約を満たしていることを確認するために、アカウント情報を更新および確認してください。

住信SBIネット銀行ログイン ←リンク設定

必要な情報を確認および更新しないと、アカウントおよび販売活動が停止される可能性があることにご注意ください、画面の指示に従って変更または確認を行ってくださ住信SBIネット銀行株式会社 ←リンク設定

テ106-6018東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー18F 
© SBI Sumishin Net Bank, Ltd.

という詐欺系の怪しいメールが届きました。それにしても、こうしたメールの配信主はどのようにして私のメルアドを調べるのでしょうかね〜。まあ、何かでメルアドはバレているということですが、詐欺にはくれぐれも気をつけないといけませんね。

これまで、住信SBIネット銀行を名乗るこうした詐欺メールは一度もきたことがなく、安全狙い撃ちではあります。ただ、よ〜くみると、会社住所の「」マークが間違っています。「」になっています。笑えますが、これは詐欺師も愛嬌でしょうか…。こうしたフィッシング詐欺の手口はこれを最後にご容赦ください。

まあ、文面からして、なんとなくですが、日本人ではなさそうです。おそらくですが、外国人の和訳文書だと思います。文書が雑すぎます。「…行ってくださ」で途切れています。文法もおかしいです。

話題を変えて、今日の日経平均は米国株高を受けて4日続伸となりました。167円高の26,826円で寄り付いた日経平均は取引開始から30分余りで393円高の27,053円まで上昇しましたが、節目の27,000円を上回ったところでは上値が重く、結局251円高の26,911円で今日の取引は終えています。

こうしながら、日本株も上昇していくのでしょうか。この時間、米国の先物市場では、昨日上げた分の半値戻し水準で動いています。底打ち感はありますが、まだまだ時間はかかりそうです。

現在の保有する米国株は、アップル(AAPL)20株、アルファベット(GOOGL)2株、ネットフリックス(NFLX)48株、エヌビディア(NVDA)35株の4銘柄です。今日時点で▲1,248,904円の含み損です。多少は損失が減ってきました。

さて、私 Kensinhan のメイン口座は、日本株米国株SBI証券です。実際に使ってみての感想は、低コストで幅広い金融商品が揃っており、お勧めの証券会社です。取引ツールの専用アプリも、使いやすく初めての使用でも迷うことなく直感的に操作できました。

SBI証券

国内株式の1日定額制コース(アクティブプラン)だと現物・制度信用・一般信用取引のそれぞれが、1日100万円まで、合計で1日最大300万円まで売買手数料が無料になります。投資スタイルにあわせて手数料プランを選んでください。

時間外のPTS取引が利用可能で、特に、夜間PTS(16:30~23:59)では、売買手数料が投資額の多寡に関係なく無料になるので、大変お得です。

SBI証券

Kensinhan は、実際に時間外で急落した銘柄を夜間PTSで買い、その2日後に利益確定した経験があります。あくまで結果論ですが、翌日の始値は、前日の夜間PTSで買った価格よりも上の水準で寄付ました。PTSを活用すれば、これまで以上に投資チャンスが広がります。

また、個人投資家なら誰もが当選を願う、IPO(新規公開株)の取扱い数が、大手証券会社を抑えてトップの実績を誇ります。2021年3月期の全新規上場会社数では全体の約93%の取扱いがありました。

SBI証券には「IPOチャレンジポイント」という制度があり、IPOの抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算され、次回以降のIPO申込み時に、IPOチャレンジポイントを使用することで、IPOが当選しやすくなるサービスがあります。現在、Kensinhan は、せっせと無料でできる努力を惜しまずしています。2022年度中にB級以上のIPOに当選してみたいです!

更に、若者を中心に取引が急増している海外株式では、米国株(ネット証券では最多の6,000銘柄を突破)のほか、中国、アセアン等の株式も取り扱っており、とにかく商品構成が豊富にあります。

SBI証券

SBI証券の為替手数料は、円貨決済・外貨決済のどちらを使っても、1ドルあたり25銭ですが、提携先「NEOBANK®」住信SBIネット銀行を使って両替すれば、為替手数料を25銭から4銭に自助努力で下げることも可能です。米国株取引にはドル調達コストはつきものですが、他の証券会社とは比較できない大きなコストメリットがあります。

Kensinhan は、毎回、この住信SBIネット銀行利用して外貨決済しています。しかもリアルタイム入金なので、夜間の米国株取引において投資チャンスを逃しません。

「Wow!株主デビュー!~米国株式手数料Freeプログラム~」を実施中で、口座開設後、最大2ヵ月間、米国株式の取引手数料が無料になります。Kensinhan は、この機会を利用して、この数日で7銘柄(78株)買いました。

SBI証券

あと、他社からSBI証券引っ越しする場合、投資信託と米国株式の移管手数料は、他社で支払った出庫手数料が全額戻ってきます(SBI証券が全額負担してくれます)。こうしたきめ細やかなサービスも用意されているのがうれしいです。

Kensinhan も、このサービスを利用して、他社で保有していた米国株式(4銘柄で約420万円分)をSBI証券に移管しました。

ざっとまとめてみましたが、SBI証券には、投資家目線のサービスやサポート体制が充実しているので、我々個人投資家にとっては、必須の証券会社だといえます。詳細はこちら➜SBI証券 口座開設(無料)

SBI証券

Copyright (C) 2020 株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ. All rights reserved.