株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

株式投資でひと財産築くまでつぶやきます

ここからは上り坂、配当が意識される週末に向かって…

SBI証券 業界屈指の格安手数料!アクティブプランなら、
1日の取引額で最大300万円まで取引手数料が無料!
SBI証券
IPO銘柄の取扱実績は新規上場件数の9割超!(21年実績)
米国株式の取扱数はネット証券最多の6,000銘柄を突破!
国内最大級の時間外PTS取引が可能!(夜間 16:30~23:59)
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ  ☜ポチッと応援、お願いします!

今日の日経平均はスタートダッシュはよかったものの、結果としては3日続落となりました。日経平均は207円高の29,381円で寄り付き、取引開始から20分弱で322円高の29,496円まで上昇しましたが、朝方の買いが一巡するとすぐさま失速し、結局178円安の28,995円と節目の29,000円をわずかではありますが割り込んで取引を終えました。

いやな予感も残した終わり方ですが、彼岸底の最後かもしれません。そろそろ日本株は反転しそうです。ただ、日銀が日経225へ連動するETFへの買い入れをやめたと宣言しており、今後はTOPIX(トピックス )連動型ETFへの買い入れになるので、どちらかというとPBRの低い銘柄に買いが集まりそうです。

さて、今入ってきたニュースでは、トヨタ自動車が2022年にも、燃料電池車(FCV)の基幹システムを中国で現地生産する検討に入ったとのことです。世界最大の自動車市場の中国は35年までにFCV100万台の普及を目標としており、FCVはトヨタが開発で先行し基幹システムの生産も国内にとどめてきたようです。政策優遇の条件として中国政府が現地化を求めており、初の海外生産に踏み切るとのことです。

このニュースは明日、トヨタ株にとっては上昇材料になると思います。配当も意識され、年初来高値の更新に期待します。

今日の終値では、徐々に含み益を減らしていますが、それもでまだ+258,232円の含み益があります。日本特殊陶業とパナソニックがかろうじてですが、8銘柄すべてで含み益がでています。

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 株式投資評価損益

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ 株式投資評価損益

このあと、今晩の米国ではパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の米下院での議会証言が予定されています。 踏み外すことのない証言が期待されます。

現状の保有銘柄は、日本特殊陶業(5334)、ブラザー工業(6448)、グローリー(6457)、パナソニック(6572)、トヨタ自動車(7203)、中部電力(9502)、沖縄電力(9511)、東京瓦斯(9531)の8銘柄です。

Copyright (C) 2020 株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ. All rights reserved.