株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

株式投資でひと財産築くまでつぶやきます

迎春2022年「五黄の寅」に期待!今年の日経平均は2月に31,000円超えに!?

SBI証券 業界屈指の格安手数料!アクティブプランなら、
1日の取引額で最大300万円まで取引手数料が無料!
SBI証券
IPO銘柄の取扱実績は新規上場件数の9割超!(21年実績)
米国株式の取扱数はネット証券最多の6,000銘柄を突破!
国内最大級の時間外PTS取引が可能!(夜間 16:30~23:59)
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ  ☜ポチッと応援、お願いします!

新年あけましておめでとうございます!昨年中は当ブログを応援いただき、まことにありがとうございました。今年も皆様と共感できるよう「リアルな損益報告」と少しでもお役に立てるよう尽力してまいります。2022年もどうかよろしくお願いいたします。

今年も、メイン口座として使っている大和証券グループのCONNECT・コネクト証券で日本株も米国株も積立投信もしていきたいと思います。NISA口座も昨年後半に開設しましたので、2022年1月4日の大発会から使えます。利用したいと思います。

CONNECTの良さは、なんといってもワンストップで利用できることでしょう。資金管理しやすいです。勿論、手数料無料クーポンは最高に有り難いですが、新しい機能として、昨年12月から全体の成績表もクイックに見ることができるようになっており重宝しています。

当ブログでは、一貫してCONNECTの良さを訴求していますが、単なるアフィリ目的ではなく、実際に日々使っている「いち個人投資家の端くれ」として、実体験として自信をもって皆様にもお勧めできます。

そして今なら、CONNECTで口座開設すれば500円がもれなく貰えます。口座開設するだけで500円が貰える証券会社はCONNECTだけです。他社には真似の出来ない特別なキャンペーンです。検討中の方は、是非この機会をお見逃しなく!

口座開設で500円が貰える招待コード🎁
申込時に招待コードを入力してください✨
招待コード:NTMFBPAK
口座開設はここから👇
https://www.connect-sec.co.jp/fr/?in=NTMFBPAK

さて、年明けは、毎度の如く景気の良い話が聞こえてきます。棒証券アナリストによると2022年の日経平均は2月に31,000円、6月以降に24,000円と年明け好調も春以降に警戒感を持っているようです。ということで、私は日本株を年末から12銘柄越年していますが、現段階では一先ず正解と言えそうでう。逃げるのはセル・イン・メイの4月下旬でいけそうな感じす。

現在の日本株では▲346,550円の含み損を抱えたまま越年しました。保有銘柄はこちらです↓

不動テトラ(1813) 200株
森永製菓(2201)100株
江崎グリコ(2206)100株
ブロードリーフ(3673)1,000株 23%暴落に気絶!
Finatextホールディングス(4419)100株 IPO補欠当選分
トレンドマイクロ(4704)200株
オプトラン(6235)200株
レイズネクスト(6379)700株
PHCホールディングス(6523)200株
ワコム(6727)800株
日本電信電話(9432)500株
NTTデータ(9613)500株

これまで好調であった半導体関連株には注意が必要だと専門家は見ているようです。私は日本株では今は半導体関連銘柄は持っていませんが、米国株でAMAT アプライド マテリアルズを10株だけ持っています。注意深く見ておきます。ちなみに今の米国株保有銘柄はこちらです↓

(AMZN)アマゾン ドット コム 1株
(DOCU)ドキュサイン 20株 大暴落後BUY
(NFLX)ネットフリックス 3株
(NVDA)エヌビディア 5株
(XOM)エクソン モービル 1株
(AMAT)アプライド マテリアルズ 10株 半導体銘柄

6月以降に日経平均が24,000円台というのは、この主力の半導体製造装置株の調整が発生すれば、そうなりそうだとのことです。いずれにても、中長期目線では、ど底となりそうな底値時期は6-8月頃になりやすいようなので、2022年の買い場は1月と6-8月頃となりそうです。

こうした中、新型コロナ・オミクロン株も株式市場では不安要素ですが、デルタ株が発見された 2020年10月のときも、その後半年間は欧米大陸で蔓延し、その間日本株は伸びています。オミクロン株でも島国の日本で蔓延するのは欧米大陸よりも遅いと期待できる、この冬にオミクロン不安があったとしても、日本株が先ずは逃避先として選ばれやすいとするのが専門家の読みのようです。私もこれがメインストーリーのような気がします。

ただ、一抹の不安(リスクシナリオ)があるとすれば、変動要因があるとすれば、それは岸田総理の金融所得課税の増税案や自社株買いの規制案などが動き出すとどうなるか分かりません。今年の日経平均・日本株や私の投資利益を占う物差しは、これからの岸田政権次第となりそうです。

それでは、CONNECTでの2021年の成績表を添付します。CONNECTは昨年4月に口座開設した為、私の全てではありませんがご参考まで↓

f:id:kensinhan:20220101115017p:plain

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ CONNECT・コネクト証券

2021年はCONNECT以外も含め、累計では+465,052円の確定利益(税引後)となりました。12月の損切りが痛かったですが、多少は節税できました。資産の棒グラフがピークから下がっています(涙。今年は年始から猛ダッシュし、V字回復を目指します↓

f:id:kensinhan:20220101115209p:plain

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ CONNECT・コネクト証券

12月から米国株が追加されていますが、CONNECTの米国株ひな株USAです。最後に、CONNECTさんにお願いです。取り急ぎ、米国株の取扱い銘柄数を増やしていただきたいと思います。例えば、メジャーなインテルや暗号通貨銘柄のコインベース、IT系のクラウドストライク等、世間で注目されている銘柄をもっともっと取扱ってもらいたいです。最低でも100銘柄に、そして、下がりきっている中国ADRのアリババもあれば良いかもしれません。

では、皆様、1月4日の大発会ご祝儀相場になることを期待し、お正月相場を楽しみましょう!

Copyright (C) 2020 株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ. All rights reserved.