株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

勝てば官軍!「株で稼ぐ投資ブログ」は七転八倒する投資生活の軌跡!

昨日、東証取引終了後に大暴落したFRONTEO (2158)を昨晩のPTSで買って、今日は大正解だった…

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ  ☜ポチッと応援、お願いします!
60秒で分かる➜お勧めのネット証券

SBI証券なら夜間PTS取引ができます。これまでの Kensinhan の投資スタイルでは、日本株は15時までで、現物にせよ、信用にせよ、15時以降は手も足も出すことはできませんでした。が、SBI証券なら16時から23:59まで、夜間PTS取引(現物のみ)が出来る為、リスクヘッジして損失を利益に変えることも可能になります。

昨日を事例では、FRONTEO (2158)を午後13時に買い、15時の終値では1,334円となり▲100円の含み損で終わったのですが、夜の20時頃にPTSで気配値をみると、1,210円前後で推移しており、翌日は大きな含み損を抱えると思い、1,210円で指値してPTS取引で買ったのですが、これで、平均取得価格が1,335円から1,273円まで下がりました。

そして、今日、今のところ後場の寄り付き値が1,303円なので、+6,000円の含み益になっています。PTS取引がなければ、今日の始値が1,244円で、仮に今日の9時に成り行きで買ったしても、ここまでの利益は出ていませんし、今日、成行で買うには非常に勇気もいることでしょう。

株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ SBI証券 PTS取引

今回はSBI証券PTS取引を活用した一つの攻略法と言えるでしょう。これまで、私は井の中の蛙で、株式投資とは9時〜15時(昼1時間休憩)の中だけでしか取引はできない、夜間取引は金融のプロだけの世界と思っていましたが、そうではありません。SBI証券なら、身近に簡単に誰でもできます。SBI証券株アプリも非常に使いやすく、投資情報も満載です。

まだ、後場はどうなるか分かりませんが、有益な投資戦略であることには違いありません。言うまでもなく、短期のデイトレーダーなら、そのまま利確もできます。

そもそも、FRONTEO (2158)の急落劇は、米国子会社のデータセンターに不正アクセスがあったと発表し、身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」によるとみられるサイバー攻撃を受けたこが背景にあります。

今後大事になるのか分かりませんが、昨晩は躊躇することなく買いました。株価もこの程度で推移していると言うことは、大した被害にはならないという見方が大勢なのだと思います。このまま回復して、上がってほしいです。

さて、私 Kensinhan のメイン口座は、日本株米国株SBI証券です。実際に使ってみての感想は、低コストで幅広い金融商品が揃っており、お勧めの証券会社です。取引ツールの専用アプリも、使いやすく初めての使用でも迷うことなく直感的に操作できました。

SBI証券

国内株式の1日定額制コース(アクティブプラン)だと現物・制度信用・一般信用取引のそれぞれが、1日100万円まで、合計で1日最大300万円まで売買手数料が無料になります。投資スタイルにあわせて手数料プランを選んでください。

時間外のPTS取引が利用可能で、特に、夜間PTS(16:30~23:59)では、売買手数料が投資額の多寡に関係なく無料になるので、大変お得です。

SBI証券

Kensinhan は、実際に時間外で急落した銘柄を夜間PTSで買い、その2日後に利益確定した経験があります。あくまで結果論ですが、翌日の始値は、前日の夜間PTSで買った価格よりも上の水準で寄付ました。PTSを活用すれば、これまで以上に投資チャンスが広がります。

また、個人投資家なら誰もが当選を願う、IPO(新規公開株)の取扱い数が、大手証券会社を抑えてトップの実績を誇ります。2021年3月期の全新規上場会社数では全体の約93%の取扱いがありました。

SBI証券には「IPOチャレンジポイント」という制度があり、IPOの抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算され、次回以降のIPO申込み時に、IPOチャレンジポイントを使用することで、IPOが当選しやすくなるサービスがあります。現在、Kensinhan は、せっせと無料でできる努力を惜しまずしています。2022年度中にB級以上のIPOに当選してみたいです!

更に、若者を中心に取引が急増している海外株式では、米国株(ネット証券では最多の6,000銘柄を突破)のほか、中国、アセアン等の株式も取り扱っており、とにかく商品構成が豊富にあります。

SBI証券

SBI証券の為替手数料は、円貨決済・外貨決済のどちらを使っても、1ドルあたり25銭ですが、提携先「NEOBANK®」住信SBIネット銀行を使って両替すれば、為替手数料を25銭から4銭に自助努力で下げることも可能です。米国株取引にはドル調達コストはつきものですが、他の証券会社とは比較できない大きなコストメリットがあります。

Kensinhan は、毎回、この住信SBIネット銀行利用して外貨決済しています。しかもリアルタイム入金なので、夜間の米国株取引において投資チャンスを逃しません。

「Wow!株主デビュー!~米国株式手数料Freeプログラム~」を実施中で、口座開設後、最大2ヵ月間、米国株式の取引手数料が無料になります。Kensinhan は、この機会を利用して、この数日で7銘柄(78株)買いました。

SBI証券

あと、他社からSBI証券引っ越しする場合、投資信託と米国株式の移管手数料は、他社で支払った出庫手数料が全額戻ってきます(SBI証券が全額負担してくれます)。こうしたきめ細やかなサービスも用意されているのがうれしいです。

Kensinhan も、このサービスを利用して、他社で保有していた米国株式(4銘柄で約420万円分)をSBI証券に移管しました。

ざっとまとめてみましたが、SBI証券には、投資家目線のサービスやサポート体制が充実しているので、我々個人投資家にとっては、必須の証券会社だといえます。詳細はこちら➜SBI証券 口座開設(無料)

SBI証券

Copyright (C) 2020 株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ. All rights reserved.