株で稼ぐ Kensinhan の投資ブログ

日本株と米国株でひと財産を築くまで Kensinhan がつぶやきます。仮想通貨は只管神頼み…。

次世代ブラウザ『Brave』と暗号資産(仮想通貨)『BAT:バット』が示す新たな可能性…

難しことは分かりませんが、暗号資産(仮想通貨)ベーシックアテンショントークン(BAT:バット)絶好調です。表題にある「次世代ブラウザ『Brave』と暗号資産(仮想通貨)『BAT:バット』が示す新たな可能性」という記事が、bitFlyerに掲載されています。

暗号資産(仮想通貨)BAT(バット)は、最近特に注目を集めていますが、その大きな理由が先行して開発された次世代ブラウザBraveの存在です。

BraveとBATの関係についてですが、Braveは快適でプライバシーが守られる新しいインターネットを実現するために開発されたブラウザであり、BATはBrave上で流通する暗号資産(仮想通貨)です。ユーザーは Brave を利用する中で、BAT(日本ではBATポイント)を取得することができます。

Braveは、2015年に創業者はプログラミング言語JavaScriptの生みの親であり、Netscape の元エンジニアで、 世界で最も利用されているブラウザの 1 つであるFirefoxの最高技術責任者(CTO)を務めていたブレンダン・アイクによって創業されました。

Braveの現時点での利用者数は、世界で2019年11月に正式版がリリースされ、現在の月次利用者数は1,390万人を突破しています。日本では、2019年7月にスタートして、現時点の利用者は数十万人、Google Playの通信カテゴリではLINEやSkypeを抜いてランキング1位に入っています。

Braveブラウザの特徴は、これまでは望まない多くの広告(高画質なものから動画まで)を表示するためのコストを、煩わしさや通信コスト、時間という形でユーザーが負担していました。Braveはその負担を減らす新しい広告の届け方のモデルを築こうとしています。

多くのウェブページには、広告やトラッカーが埋め込まれ、外部のサーバーにユーザの情報を送信しています。Braveブラウザはそういった通信をブロックします。結果として、Braveブラウザを使うと、煩わしい広告の表示量が激減し、その分データ通信料が安くなるだけでなく、ブラウジングも高速化し、さらにユーザーのプライバシーも守られるという仕組みです。

また余計なデータ通信が減ることで、スマホのバッテリー消費が40%も削減できるというデータも出ています。

前述で、Braveを利用する中で、BAT(BATポイント)を取得することができると説明しましたが、例えばBraveで広告を見ると、BAT(BATポイント)がもらえるそうです。Brave Rewardsの機能をオンにしてBraveの広告を閲覧した場合、広告収益の70%にあたるBAT(BATポイント)を、ユーザーは受け取ることができます。Braveの広告はゼロ知識証明などの技術により、広告の配信・効果測定をユーザーのプライバシーを脅かすことなく実現できるとのことで注目を集めています。

実際いくらくらいの BAT(BATポイント)がもらえるかについては、スマホを使う頻度や時間帯、地域によっても違いますが、世界では月5ドル程度もらっているユーザーが既に結構います。日本では現状、月に300円ほどといったところです。直近の目標としては、月に1,000円程度をユーザーに支払えることを目標にBrave事業の拡大を図っていくようです。そしてゆくゆくは、年間2~3万円程度まで増やしていきたいと考えているようです。

ユーザーからすると、いつものようにただネットサーフィンしているだけでも、勝手に毎月BAT(BATポイント)が貯まっていくということは、すごいことです。貯めた BATやBATポイントは、海外では、他の暗号資産(仮想通貨)への交換、実店舗の支払いにも使えるシステムの提供も始めていくようです。米国では、スターバックスカードやアマゾンギフト券に交換できるサービスも発表されました。このほか、まだまだ開発中のこともあり、今後の展開が楽しみです。

私  Kensinhan は現在、BAT(バット)1,130通貨保有し、平均取得簿価は22.19円/BATですが、今時点のBAT価格は29.65円/BATです。約7.50円上げています(2020/6/27 15:54時点 ↓ )。

暗号資産(仮想通貨)のベーシックアテンショントークン(BAT:バット)が好調

暗号資産(仮想通貨)のベーシックアテンショントークン(BAT:バット)が好調

ベーシックアテンショントークン(BAT:バット)は、2020年4月9日より、bitFlyerで取扱いを開始しています。ビットコインイーサリアムも取引所に上場した当時は、数円~数十円の時代が長らくありました。

国内最大級のbitFlyer(ビットフライヤー:関東財務局長 第00003号)は、世界最高水準のセキュリティを提供する安心・安全の仮想通貨取引所です。ハッキング被害は過去一度もありません。

bitFlyer

仮想通貨(暗号資産)取引は、一般的にボラティリティは高めですが、現物取引なら株式と同様、最大リスクは投資額です。商品先物の様に追証が発生したり、マイナス価格になるといった予期せぬリスクはありません。